スポンサードリンク

必見!体験乗車一発当選の極意

搭乗予約証明書はがきの裏面

はじめに...
アフィリエイトのタイトルのようになってしまったが、報酬目的のために誘導しようとしている文面でないので安心を! ただ、成果は保証できないので悪しからず。

リニアの体験乗車は常時実施している訳でなく、年3回実施(昨年は3回実施したので、毎年3回実施していると思われる。)し、開催曜日は平日で、1回の開催日数は8日程度となり、1日6便が午前中から夕方に掛けて運行される。
リニアの座席は、既存の新幹線と違い左右に2座席づつ並んでいる。この2座席を1区画とし、区画単位の申込となり最大2区画(4座席)まで申し込める。よって、1人で体験乗車を希望する方でも1区画の申込となり、また団体申込みはできない。なお、1便に対し75区画分確保されていて、また料金は1区画4,320円(税込み)となる。

応募数が定員をオーバーする場合は、先着順でなく抽選となる。これまでの実績から判断すれば、必ず定員を大幅にオーバーし、落選する可能性が高いのが実態である。
私が体験乗車をしてみようかと思い始めた頃、過去の倍率が気になりググってみたところ、「倍率125倍」の記事を目にして驚き、一気に申込む気がなくなった。しかし、「超電導リニア」のオフィシャルサイトの文面でないので、念のため「体験乗車応募お問合せデスク」(電話番号03-6880-3489)に確認したところ、「125倍と言うのは、体験乗車を始めた当初の倍率であり、回を重ねる毎に倍率が低下していき、現在は10倍程度に落ち着いて来ているように思える。」とのこと。

これを聞き申込む気になったが、それでも落選する確率が90%と非常に高いことから申込むに当たって戦略を練ることにした。
申込みに関しては、第3希望まで日時(日にちと便)を指定することができるが、私の場合、自分の都合や希望を一切無視し、皆が嫌がる傾向が高い日時を予想して、嫌がるベスト3を私の希望日時にした。
また、根拠がなく私の感覚的な判断であるが、3つの希望の中で特に第1希望に掛けることにした。と言うのも、どの日時の便に対する申込みであっても、当然第1希望者、第2希望者及び第3希望者がいる。現状の倍率が10倍だとすると、1つの便に対し第1希望者だけで定員オーバーしていると判断した。そうだとすると、当選者を選ぶ側の立場からすれば、第2,3希望より第1希望者を優先に選んでいる(極端な場合、第1希望者の中から抽選し、第2、3希望者は抽選対象外となっている)可能性が十分あると思ったからである(この推測を「体験乗車応募お問合せデスク」に確認してみたが、抽選のプロセスは知らされていいないので分からいとのこと)。

まず、体験乗車は平日実施されるが、平日の曜日で人気の高い曜日を考えてみた。
・月曜日や金曜日に休みを取れば連休になり魅力的なので、人気がありそう。
・個人商店は水曜日が定休日しているところが多いようなので、人気がありそう。ちなみに、私が住んでいる石川県の場合はそうでもないが、不動産屋は水曜日を定休日にしているところが多いと言われている。

上記を踏まえ、人気が高いと思えない火曜日と木曜日を私の体験乗車希望の曜日にすることにした。

リニア見学センター」の休館日は祝日と重ならない限り月曜日であることから、確認はしていないものの、基本的には月曜日に体験乗車が開催されることはないと思われる。

次に、何時の便が人気が高いのか調べてみた。
オフィシャルサイトには、「昼前後の便が申込が集中する傾向にあり。」と記載され、また「体験乗車応募お問合せデスク」に問合せてみたところ「当日、遠方から来る人は1便は時間的に厳しいため、倍率が低くなる傾向がる。」と言っていたこともあり、私の希望の便は最初の1便と最終の6便から選ぶことにした。
なお、1便が狙い目と判断したものの、当初は日帰りの体験乗車を考えていため、私は石川県に住んでいることから電車による日帰りが可能か不安になりダイヤを調べてみたところ、日帰りが不可能であることが分かり困ってしまった。しかし、逆に1便が狙い目だと確信を強めることにもなった。

以上から、私の第1希望を木曜日の1便にしたところ、第1希望で当選した。実際のところ私の戦略が、どの程度功を奏したかは分からないが、当選するまでに何度もチャレンジをする覚悟でいたにも関わらず、初めてのチャレンジで当選できたのだから、戦略効果が多少あったと思いたい。

参考までに、オフィシャルサイトには「週末や開催初日の申込みが集中する傾向あり。」とも記載されている。ただ、私の見方は少しひねくれているかもしれないが、オフィシャルサイトに記載されていれば逆に敬遠する人も少なくない筈である。そうは言っても週末は申込者が多くなるのは避けられないと思うが、その一方で開催初日に関しては、何年間も定期的に開催している体験乗車に於いて開催初日に乗車できることに魅力を感じる人は多いとは思えなく、オフィシャルサイトの記載による初日敬遠の影響を踏まえれば、(開催初日が週末でない前提であるが)むしろ初日の1便が狙い目じゃないのと思ってしまう。

その他、私が体験で得た有意義な情報として次のものがある。
・オフィシャルサイトには、年間の開催スケージュールが公開されている訳ではなく、次回の開催が近付くと次回のスケージュールが公開されるので、過去の開催時期を踏まえながら見逃さないように定期的にチェックする必要がある。
・応募期間は、開催初日の1ヶ月程前に終了してしまうので、申込み時期を逃さないように注意が必要である。
・申込み手段として、電話とインタネット(オフィシャルサイト)の2つがある。インタネットから申込む場合はメールアドレスを入力する必要があり、運悪く落選したとしても、その後は次回の開催スケジュールが決定する度に入力したメールアドレス宛にスケジュールを知らせてくれるようになるので、インターネットによる申し込みを勧める。
・私は乗車時刻の関係上、1泊する必要があったので、最寄りの大月駅周辺あるいは、大月駅がある大月市で宿を見つけるつもりでいた。乗車日2週間前になり、宿泊施設を探し始めると施設数自体少なく、探し始めるのが遅すぎた。満室で断れた宿の人からインタネットに載っていない宿を紹介してもらったがそこも満室で大月市で探すのを諦め、隣の市で何とか予約が取れた。宿泊が必要な方は、当選したら即、宿の予約に動くべきである。

タグ

2018年4月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

高度0.00001万mの浮上体験

東海道新幹線の将来の経年劣化・大規模災害に対する備え及び混雑緩和として、超電導リニアによる東京・大阪間を結ぶ「中央新幹線」建設が進められている。時速500kmで東京(品川駅)・名古屋(名古屋駅)間を40分、東京・大阪間を67分で結ぶことになる。開業は、東京・名古屋間が2027年、名古屋・大阪間は早ければ2037年(当初2045年開業予定であったが、最大8年前倒)となる。
この中央新幹線の通過予定地である山梨県都留市付近に山梨リニア実験線がある。ここでは、日々走行試験を実施しており、走行試験スケジュールの一部を活用し、一般の人の体験乗車(乗車時間:約30分)を可能にしていて、先日乗車をして来た。
中央新幹線の経路

体験の様子

2度のギネス世界記録の賞状

山梨リニア実験線に於いて、リニアは最も速い磁気浮上式鉄道として、ギネス世界記録を2度樹立している。

最初は2003年12月2日(時速581km)で、実験車両「MLX01」に於いて達成している。「MLX01」は、浮上方式が従来の底面に浮上コイルがある方式から現在の側壁浮上方式へと大改良が行われた車両である。
なお、「MLX01」の「ML」は「Magnetic Levitation」(磁気浮上)の頭文字で、「X」は実用段階に向けた最終実験を表す「Experiment」(実験)から来ている。
車両の外観はコチラを参照。

2度目は2015年4月21日(時速603km)で、実験車両「L0系」(エルゼロ系)に於いて達成している。「L0系」は営業線仕様の新型車両である。
なお、「L」は「Linear」(リニア)の頭文字で、「0」は営業線仕様の第1世代の車両を意味する。
車両の外観はコチラを参照。

「L0系」の体験乗車では、時速600kmを味わうことはできないものの中央新幹線の営業速度と同じ時速500kmを味わうことができる。

体験乗車は1日6便が運行されるが、私は1便に乗車した。
発車時刻の電光掲示板

ボーディングブリッジような設備

リニアに乗降する時は、乗客は駅のホームにいる感覚はなく、まるで飛行場のボーディングブリッジような設備を通ることになる。
これから高度0.00001万mを飛行することになるので、カッコ付けて空港のターミナルビルの印象を醸し出しているのかと思いきや、そうではない。リニアでは、ホームなどの建造物が走行に影響を与えないように車両とホームの間が1.5m離れ、かつ乗客を超電導磁石の磁界から守るために、ボーディングブリッジのような乗降設備を設けているのである。
なお、リニアに取り付けられている超電導磁石は非常に強い磁場を発生する(5万ガウスで、地磁気の10万倍に相当)が、車内の乗客に影響を与えないように(心臓のペースメーカーの限界磁場5ガウスを超えないように)、超電導磁石を鉄で囲んで磁気遮蔽を行っている。

車内の座席

車内は、一般の電車と同様に通路を挟み左右2座席が並んでいる。座った時の座席の空間は、既存の新幹線に比べ狭いと感じた。

山梨リニア実験線は、全長全長42.8kmで4市(笛吹市、大月市、都留市及び上野原市)にまたがり、トンネル区間が全長の82%(トンネル区間:35.1km)を占めているので、体験乗車ではリニア中央新幹線(東京・名古屋間は86%がトンネル)と同様に景色を楽しむことは殆どできない。

乗降する山梨実験センターは実験線の起点(名古屋方面)から28km当たりにあり、次の4回の走行となる。その内の2回で時速500kmの10cm浮上を体験できる。
・1回目:山梨実験センターから終点(東京方面)へ時速320kmで走行。
・2回目:終点から起点へ時速500kmで走行。
・3回目:起点から実験センターを通り越した35km地点当たりへ時速500kmで走行。
・4回目:35km地点当たりから実験センターへ時速285km(東海道新幹線の営業速度)で走行。
体験乗車の走行予定図

―― ▼体験乗車動画の解説 ――――――――――
動画は1回目走行に於ける減速に伴うタイヤ走行から始まり、2回目走行(終点から起点)に於ける全体を撮影したものである。
殆どトンネル内を走行するので、窓からの景色は殆どなく、主に車内に取付けてあるモニターの撮影である。
モニターの映像は、リニア先頭から撮影している進行方向のものが主であり、実験線の起点からの距離と時速も表示されている。

撮影経過時刻とその時の映像内容は次のとおり。
0分02秒:浮上走行からタイヤ走行へ(路面に着くタイヤ)
1分47秒:2回目走行開始(終点からの出発なので、モニターに表示されている距離は終点の42.8km付近から起点の0kmへと向かって行く)。
2分39秒:時速140km台で、タイヤ走行から浮上走行へ。※1
4分23秒:時速500kmに達する(走行時間2分37秒、走行距離9.99km)。
6分24秒:減速を開始し、時速500kmを切る。
9分1秒:時速140km台まで減速した時点で、浮上走行からタイヤ走行へ。
―― ▲ ―――――――――――――――――――

体験に於いては、ボーディングブリッジの様な設備を通って乗車するので、乗車したリニア車両の外観を一切見ることができない。降車後の建物内の通路にガラス窓があり、そこで初めて体験乗車した車両の先頭部分を間近で見ることができる。
先頭部分を見ると分かるように運転手のための窓が存在していない。通常の電車では運転手が運転を制御しているが、リニアでは運転を制御する装置そのものが車両に存在しなく、つまり運転手が乗車していなので窓も不要となる。運行を制御しているのは地上側の管理室(コンピューター制御)である。ただ、運転室はないものの乗務員室があり、乗務員がモニターで運行を監視し、緊急時の対処を車内からも操作できるようになっている。
リニアの先頭部分

※1 浮上の仕組み
超電導リニアは、上海で営業しているリニア(上海トランスラピッド)の様に常に浮上しているのでなく、一定速度を超えないと浮上できなく、その理由は次のとおり。
超電導リニア(L0系)台車側面には超電導磁石があり、地上のガイドウェイ(断面が凹字状の案内走行路)側壁にはコイルが並べられている。リニアが走行すると言うことは地上側壁に沿って走ることになるので、電磁誘導により側壁のコイルに電流が流れ電磁石になる。そうすると、台車と側壁の両磁石の間で吸引力・反発力が発生し浮上する仕組みである。この電磁誘導による力は、リニアが停止している時はコイルを貫く磁束に変化がないので発生しなく、リニアが走行して初めて発生し速度が速い程強くなることから、ある一定速度を超えないとリニアを浮上させるだけの力が発生しない。
なお、浮上走行の仕組みの詳細については、コチラを参照されたし。

乗車の感想

・時速500kmで走行していても、特に気になるような揺れはなく快適な車内であったが、新幹線と比べると振動が大きいと思った。飲み物が入った紙コップを固定せず置くのに躊躇する振動である。
・また主にトンネル内を走行し、加速もスムーズなので、新幹線の倍近いスピードを出している感覚を全く受けなく、モニターに表示される速度で速さを知るのみである。スピードを肌で感じることがないので、スピードに対する感動は非常に薄く、モヤモヤ感が残った(⇒上の車内から撮影した動画を見て迫力に欠けると思った方はコチラを参照)。
・タイヤ走行から浮上走行への切り替わりはスムーズでありアナウンスが流れないと浮上したことには気付かない。一方、浮上走行からタイヤ走行への切り替えは撮影していたカメラが大きく揺れる程の衝撃で、周りから驚きの「オ~」との声が漏れていた。「10㎝の浮上でも飛行機と同じかよ。」と突っ込みたくなった。

余談であるが、素人だけに、この衝撃の理由について思い巡らしてしまう。
・高度0.00001万mからのランディングなので、飛行機と同様に衝撃が発生するのは当然なのか?なぜ、コンピューター制御でソフトランディングできないのか?
・飛行機の着陸に於いて衝撃のないように滑らかに路面に着くと、停止距離が長くなり、更に路面が濡れている状態ではハイドロプレーニング現象が起き易くなるため、パイロットは故意に衝撃を与えていると聞いたことがある。同様にリニアに於いても安全に停止できるよう故意に衝撃を与えているのだろうか?
・そもそも、通常運行のリニアに於いて、タイヤ走行中の減速にはディスクブレーキを使っているのだろうか。緊急停止には使うだろうが、通常は使っていないとしたらハイドロプレーニング現象が発生したとしても停止距離に影響がないように思うが、どうなんだろう?

タグ

2018年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

このページの先頭へ