スポンサードリンク

F-15Jと装備品 | 小松基地航空祭(2012)

F-15Jイーグルの展示風景

小松空港と滑走路を共有している航空自衛隊小松基地で、先日航空祭(2012)が行われ、F-15Jイーグルとその装備品が展示してあった。
小松市に住んでいる私にとって、飛行しているF-15Jイーグルを見るのは日常茶飯事であるが、間近で見ることは初めてで迫力があった。

以下のように、コックピットや装備品などが見ることができた。

F-15Jイーグルの前方

F-15Jイーグルの後方

F-15Jイーグルのコックピット

F100-IHI-220E(F15J航空機用エンジン)

■F100-IHI-220E(F15J航空機用エンジン)
・形式:ターボファンエンジン
・推力:約12万馬力
・全長:528cm
・直径:118cm
・重量:1,500kg
・参考:F-15Jは2基のエンジンを搭載しているので、約24万馬力である。日本史上最大の戦艦「大和」は約15万馬力なので、大和の1.6倍のパワーを出力できる。

500LB爆弾(空対地普通爆弾)

■500LB爆弾(空対地普通爆弾)
・概要:米国で開発された対地攻撃に使用する爆弾である。
・全長:2.293m
・直径:27.3cm
・重量:225kg

AAM-3(空対空短射程ミサイル)

■AAM-3(空対空短射程ミサイル)
・概要:国産の赤外線誘導ミサイルであり、主に近接戦闘に於いて敵機を要撃する。
・全長:3.019m
・直径:12.7cm
・重量:90.7kg

AAM-4(空対空中射程ミサイル)

■AAM-4(空対空中射程ミサイル)
・概要:国産のアクティブレーダー誘導ミサイルであり、多目標同時対処能力等を有している。
・全長:3.667m
・直径:20.3cm
・重量:222kg

AAM-5(空対空短射程ミサイル)

■AAM-5(空対空短射程ミサイル)
・概要:国産の赤外線誘導ミサイルであり、主に近接戦闘に於いて敵機を要撃する。
・全長:3.105m
・直径:13cm
・重量:95.0kg

AIM-7M(空対空中射程ミサイル)

■AIM-7M(空対空中射程ミサイル)
・概要:米国で開発されたレーダー誘導ミサイルであり、主に中距離戦闘に於いて敵機を要撃する。
・全長:3.66m
・直径:20.3cm
・重量:231kg

AIM-9L(空対空短射程ミサイル)

■AIM-9L(空対空短射程ミサイル)
・概要:米国で開発された赤外線誘導ミサイルであり、主に近接戦闘に於いて敵機を要撃する。
・全長:2.87m
・直径:12.7cm
・重量:87kg

GAS(機関砲装置)

■GAS(機関砲装置)
・概要:油圧で作動し、1分間に4,000発又は6,000発の発射が可能である。
・搭載弾薬:20mm弾
・搭載弾数:約940発
・適用機種:F-15

20mm弾(戦闘機搭載用砲弾)

■20mm弾(戦闘機搭載用砲弾)
・概要:米国で開発された機関砲弾であり、多機種の戦闘機に使用されている。
・全長:16.8cm
・直径:2.0cm
・重量:280g

タグ

2012年10月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

オスプレイの安全性に疑問

オスプレイの安全性について、次の2点から考察してみる。

オートローテーション

ヘリコプターは万が一エンジンが止まっても、下からの風でローター(回転翼)は回転する。そうすると揚力が付き、ある程度ゆっくり落ちてくることになり、操縦も可能となる。これにより安全に落下飛行が可能となり、無事に着陸できる。これをオートローテーション(自由回転飛行)と言う。

防衛省の資料には、オスプレイはオートローテーション機能があるとなっている。しかし、実際にオートローテーションが可能であるかについては、先日森本防衛大臣がペンタゴン(米国の国防総省)に行って来た時に、防衛省の資料の説明(エンジンが停止しても無事着陸できる)通りにいかないなと述べたようだ。
オスプレイは、CH-46(オスプレイ配備により退役されるペリコプター)や従来のヘリコプターと比較すると次の違いがある。
・オスプレイはローターが小さい
・オスプレイは機体が重い

つまり、オスプレイはヘリコプターに比べて、高速回転で機体を持ち上げている。
と言うことは、エンジンが停止した場合、オスプレイはヘリコプターに比べて落ちるスピートが速いことになり、無事着陸できず機体が破壊される可能性が十分ある。

このことについて、元米国の国防省系の研究所でオスプレイについて分析を行なっていた人も、「オスプレイはオートローテーションができない」とはっきり言っているようだ。
それでも、防衛省の見解は、「機体損傷の可能性は排除されないものの、オートローテーション機能はある」としている。

素人の私からすれば、オスプレイの両方のエンジンが停止し、落下により機体が破壊されれば、オートローテーション機能がないので、「墜落」してしまったと言うのが、適切に状況を示した表現に思える。

なお、米国はオートロテーションを実機では確認していないようだ。その理由は明らかで、実機の確認は危険だからだ。

転換モード

オスプレイは、固定翼の両端に回転翼が付いている。
離陸の時は、回転翼を垂直にし、ヘリコプターの様に回転翼により浮上する。その後、徐々に回転翼を斜めにしてスピードを付けて行く。スピードが付くと、固定翼の揚力により飛行機として十分飛べるようになり、その後は回転翼を水平にしてプロペラとして使用する。
一方、着陸の時は、離陸と逆の操作が行われる。

オスプレイのプロペラモード

オスプレイの転換モード

オスプレイの飛行モード

オスプレの事故は、ヘリコプターと飛行機の間の状態、つまり回転翼が斜めの状態(転換モード)の時に多発している。

ペンタゴン(米国の国防総省)は転換モードが危険だと認識しているからだと思うが、「運用上必要となる場合を除き転換モードの時間を可能な限り短くする」と言っている。
しかし、普天間基地の場合は離着陸経路の下には住宅が密集しているので、転換モードで市街地を飛ばないようにすることは無理である。
また、オスプレイは、転換モードに何秒掛けるかが、パイロットに要求される微妙な操縦技術の部分である。転換モードを短くし過ぎると、逆に墜落する危険性が増してしまう。つまり、安全性を高めるために、市街地を危険な転換モードで飛行せざるをえないとも言えると思う。

今年、モロッコとフロリダで起きたオスプレイの墜落事故は、転換モード中で発生していて、操縦ミスだったとのこと。私はその詳細に関して知らないが、パイロットの過失と言うより、それだけオスプレイの転換モードの操作は、高度な技術が要求されると言うことなのだろう。このことは視点を変えれば、オスプレイは「欠陥機」とも言えるのでないか。
最低限、高度な技術が要求されるオスプレイに慣れるための訓練は、周りに人が住んでいない広大な砂漠等でやるべきで、沖縄のような住宅密集地でやるべきでないと思う。

日本政府は「オスプレイの安全性は十分に確認された」と言っているが、何を確認したのだろうか?例え「機体自体に問題はない」と言えたとしても、人為的ミスが発生し易い機体が飛行すると言うことは、常識のある人は「安全でない」と言うのでないか?

タグ

2012年10月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)

石川県航空プラザに展示してある対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)の斜め前方

対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)は、石川県航空プラザ(小松市)へ行けば、実機を見ることができる。

哨戒とは聞き慣れない言葉かもしれないが、敵の襲撃を警戒して、ヘリコプターなどの航空機や軍艦で見張りをすることである。
外観だけみると、哨戒機は、通常の輸送機とあまり変わらないように見えるが、次のような違いがある。
ゆっくりしたスピードでの長時間飛行や速い速度の飛行が求められ、また対象を攻撃するための武装も求められている。
日本など、海洋に面した国では、24時間体制で哨戒任務が行われている。
また、対潜哨戒機とは、対潜水艦戦を重視して装備・設計された航空機のことである。

石川県航空プラザに展示してある対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)の側面

石川県航空プラザに展示してある対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)のコックピット

石川県航空プラザに展示してある対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)の内部

対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)は、シコルスキー社製(米国)の大型対潜ヘリコプターで、全天候飛行能力を持ち、海中にいる潜水艦の捜索と攻撃を続けて行うことができる。
主回転翼(メインローター)は全関節式の自動折りたたみ式なので、容易に艦船への収納が可能であり、尾部も折りたたむことが可能である。
水陸両用であり着水もできるように、胴体は艇体構造になっている。

【機体データ】
・主回転翼直径:18.9m
・胴体全長:17.4m
・胴体全幅:4.9m
・全高:5.2m
・自重:6,010㎏
・最大離陸重量:9,635㎏
・乗員:4名+2名
・最大速度:261km/h
・実用上昇限度:3,444m
・航続距離:983km
・エンジン:石川島播磨重工業 T58-IHI-10M2
・ホバリング限界(IGE)高度:2,500m

タグ

2012年8月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

懐かしのF-104J

石川県航空プラザに展示してあるF-104Jの前方側面

F-104Jは、石川県航空プラザ(小松市)へ行けば、実機を見ることができる。

このF-104とは、米国ロッキード社の天才設計士クラレンス.L.ジョンソンが、音速の2倍(マッハ2)を目指して手掛けた戦闘機であり、愛称はスターファイター(Starfighter)である。

第2世代ジェット戦闘機であり、マッハ2クラスのジェット戦闘機としては、米国初である。

石川県航空プラザに展示してあるF-104Jの側面

石川県航空プラザに展示してあるF-104Jのコックピット前方

石川県航空プラザに展示してあるF-104Jのコックピット後方

全長は16.7m(F-104機首先端の速度を測る装置であるピトー管を除く)、全幅は6.69m、全高は4.11m、最高速度マッハ2.2、最大離陸重量は12,490kgである。

初飛行は1954年で、米空軍で1958年から採用されたが、1959年のF106の登場により、短い期間の採用であった。でも、冷戦下で、日本、台湾、西ドイツ及びイタリア等世界15カ国で使われた。

西ドイツでは、悪天候時に事故が多発し、パイロットの死亡が相次ぎ、日本で今問題になっているオスプレイ同様に未亡人製造機と呼ばれた。

石川県航空プラザに展示してあるF-104Jの後方側面

石川県航空プラザに展示してあるF-104Jの後方斜め

石川県航空プラザに展示してあるF-104Jの後方

日本の航空自衛隊では、FCS(火器管制装置)の一部を改修したF-104J、および複座の練習機F-104DJを採用した。迎撃戦闘機として1962年から約23年間防空任務についていた。
しかし、レーダー誘導ミサイルが使えない、対戦闘機戦闘に適していないなどの問題点があり、時代の要求から後続のF-4EJファントム戦闘機に道を譲ることになった。

F-104Jの日本での愛称は「栄光」であるが、細い胴体に極端に小さな主翼という形状と三菱重工業がライセンス生産していたので、航空自衛隊では、「三菱鉛筆」とも呼ばれた。

私にとっては、子供の頃に小松空港(小松自衛隊)から飛び立つF-104Jを毎日のように目にしていたから懐かしい戦闘機である。

F-104J(栄光)

タグ

2012年8月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

日本本土を飛び回る未亡人製造機(オスプレイ)

オスプレイ(1機)

未亡人製造機(Widow Maker)の沖縄配備計画で、今何かと問題になっているオスプレイだが、実は飛行するのは沖縄だけでなく、日本本土のいたるところで飛行する計画になっている。

なぜ、日本本土で飛行訓練をする必要があるのかと思うかもしれないが、その理由は次のとおり。
通常の飛行機は障害物のない山の上を飛行するが、オスプレイは敵のレーダーに捕捉され難くするために低空飛行(地上150m)する必要がある。色んなところでの展開を想定した訓練となると、山のあるところで、山の起伏に沿う形で低空飛行する必要がでてくる。従って、余り高い山がない沖縄より、高い山がある日本本土の方が訓練に適した地形と言うことになる。

このことは、日本の至るところで危険にさらされることを意味する。

これだけ問題になっているオスプレイを強行に配備しようとしている理由には、次のような米国の思惑もあるとも聞く。
オスプレイの製造には、全米の軍事産業が関わっているため、その雇用と経済効果からオスプレイの開発を止めることができないようだ。過去にも米国政府の中でオスプレイは危険だから止めようと言う話もでたことがあるが、議員の反対により却下されている。

沖縄の問題は日本本土の人には他人ごとのように眺めがちであるが、オスプレイが日本本土を飛び回る計画を知り、日本の問題と認識するようでは、情けない話である。
少数の犠牲の上で大多数が安逸に暮らす社会に素直に疑問を持つべきでないか。

タグ

2012年7月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

また墜落したオスプレイ

オスプレイ3機

今年秋までに沖縄県の米軍普天間基地に配備される予定のアメリカ軍最新型輸送機「オスプレイ」が、現地時間の6月13日にフロリダ州の空軍基地で、訓練中に墜落した。

オスプレイには、空軍仕様の「CV-22」と海兵隊仕様の「MV-22」がある。今回墜落したのは空軍仕様の「CV22」であり、沖縄配備予定は海兵隊仕様の「MV-22」である。

オスプレイは2009年時点で技術的問題はほぼ解決しているとされているが、試作段階から事故が多く、「Widow Maker」(未亡人製造機)とも呼ばれたこともあった輸送機で、今年4月にも海兵隊仕様のMV-22オスプレイがモロッコで墜落し兵士2人が死亡している。
また、オスプレイは、海兵隊要人輸送ヘリコプター(VH-3)の老朽化に伴い、次期海兵隊要人輸送ヘリコプター後継機として、候補にもなったが、試験・実験段階での相次ぐ事故により、安全性の問題から候補から除外されている。

今回の事故を聞いて、私はまた墜落したかと言う印象が強く、安全性が確保されているとは思えない。普天間基地への配備に先立ち、山口県の米軍岩国基地で、機体の安全性の確認作業を行うことになっているようだが、例え安全性が確認されたと言うことになったとしても、この未亡人製造機を街のど真ん中にある普天間基地に配備することは、危険過ぎると思う。

なお、オスプレイの開発経緯等は次のとおり。

猛禽類「ミサゴ」
オスプレイ(V-22)は、米国のベル・ヘリコプター社とボーイング・バートル(現ボーイング・ロータークラフト・システムズ)社が共同で開発した垂直離着陸できる軍用の輸送機である。オスプレイ(Osprey)は、「V-22」の愛称であり、タカに似た猛禽類の「ミサゴ」を意味する。

米軍は第二次世界大戦直後から、ヘリコプターと通常の固定翼機の両メリットを兼ね備えた航空機を求めていた。

両者のメリットとデメリットは、次のとおりである。
ヘリコプターのメリット:垂直離着陸・ホバリング(空中停止)・超低空での地形追従飛行が可能。
ヘリコプターのデメリット:航続距離が短い。速度が遅い。
通常の固定翼機のメリット:航続距離が長い。速度が速い。
通常の固定翼機のデメリット:離着陸のための長い滑走路が必須。垂直離着陸・ホバリング・超低空での地形追従飛行が不可。

ヘリコプターのメリットである垂直離着陸・ホバリング・超低空での地形追従飛行が可能で、かつ通常の固定翼機のメリットである航続距離が長く、速度が速い航空機は、戦略上とても有用であることから、オスプレイが開発された。

オスプレイの最高速度は時速555kmを超え、高速ヘリコプターの1.5倍である。また、航続距離は空中給油などを併用すれば、最大で3,700km以上となる。

衝撃映像(Osprey Crash)

タグ

2012年6月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

F-15Jイーグル

F-15Jイーグル

F-15(愛称:イーグル)は、米空軍などで運用されていたF4(愛称:ファントム)の後継機であり、米空軍の主力戦闘機として、マクダネルダグラス社(現在のボーイング社)が開発した。

このF-15戦闘機を、三菱重工業が中心となり航空自衛隊用にライセンス生産した戦闘機が、F-15Jである。
航空自衛隊には、1981年から配備されている。1999年までにF-15J(単座型:1人乗)が165機、F-15DJ(複座型:2人乗)が48機製造され、合計213機である。

F-15イーグル

現在は、千歳、小松、百里、築城及び那覇に配備されている。導入してから30年以上も経っているが、退いた機体もなく、今も日本の主力戦闘機として働いている。
次期主力戦闘機の予定であるF-35Aの開発が遅延している現状を考えると、F-15Jが日本の主力戦闘機から退くのはまだまだ先の話である。

F-15イーグル

小松基地では、昨年(2011年10月7日)に日本海上空で模擬空中戦を終えたF-15が着陸1分前に、航続距離を延ばすための燃料タンク(全長6・6メートル、直径80センチ、重さ155・6キロ)1本を落下してしまう事故が起きている。
幸いタンクには燃料が入っていなかったこともあり、浄化センターの柵を破損(賠償金額は約10万円)しただけで、大事に至らなかった。

これにより、昨年は小松基地の航空祭が中止になったが、小松基地に着いて初めて航空祭が中止になったことを知った人も結構いたようだ。
今年の小松基地航空祭は、9月23日(日)に予定されているので、是非見に行きたいと思っている。

F-15Jイーグル

タグ

2012年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

F35の価格が倍に!

F35戦闘機

日本の次期主力戦闘機となるステルス戦闘機F35Aの価格が、明らかになった。
防衛省は、2012年度予算には機体単価を米側の説明を元に、本体のみで約89億円とし、それにスペア部品などを加えると約99億円と見ていた。

しかし、米国国防省が米議会に報告した内容によると、日本が配備予定になっている42機分の総額を100億ドル(約8,000億円)になるとのこと。
つまり、1機当たりは、8,000億円÷42機=約190億円となり、日本の見積りの約2倍となる。

これに関して、田中直紀防衛相は納期の遅れや価格高騰すれば契約の中止もあることを示した。

F35は、度重なる開発遅れにより、大幅価格上昇が懸念されていたが、これほど開きがあるとは...

F35戦闘機 AIR SHOW

※エンジンのノズルを下方に折り曲げて、垂直離着陸(VTOL:Vertical Take-Off and Landing:ブイトール:ヴィトール)を行えるのはF35B型であり、日本が採用しようしているF35A型は垂直離着陸不可。

タグ

2012年5月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

このページの先頭へ