スポンサードリンク

石川県立航空プラザの実機以外の展示

航空プラザ外観

石川県立航空プラザは、航空機関連の博物館で、日本海側では唯一の施設である。
航空機の実機以外にも、以下のとおり色々展示してあり、入場料は無料だし、敷地内には無料駐車場があるので、手軽に航空機の魅力を味合うことができる。

プロペラ型旅客輸送機YS-11A型機の模擬飛行装置(フライトシミュレータ―)

■YS-11のフライトシミュレーター〔1階〕
日本で初めて製造したプロペラ型旅客輸送機YS-11A型機の模擬飛行装置(フライトシミュレータ―)の実物です。
このシミュレーターは、約30年に渡りパイロット等の訓練に使用されたもので、設備の都合からモーション(動揺)装置を固定して、前面のスクリーンに上映された空中の様子を操縦席内から楽しむ事ができるように改良してある。
所要時間は約10分間で、利用料金は500円である。

セスナ機や小型ジェット機のフライトシミュレーター

■フライトシミュレーター〔2階〕
リアルな映像によるセスナ機や小型ジェット機の最新型のシミュレーター(有料)である。

飛ぶぅ~ん(飛行機型大型遊具)

■飛ぶぅ~ん(飛行機型大型遊具)〔1階〕
飛行機をイメージした遊具では日本最大級であり、子供の好奇心をくすぐるコンビネーション遊具である。
対象年齢:6歳~12歳

はねるぅ~ん(雲型クッション遊具)

■はねるぅ~ん(雲型クッション遊具)〔1階〕
雲の上で飛び跳ねるイメージの遊具である。
対象年齢:6歳以下の幼児

戦闘機パイロットの服装

■戦闘機パイロットの服装〔1階〕
当航空プラザの上空を飛行しているF-15J戦闘機やT-4練習機のパイロットの服装である。
ヘルメット、バイザー(目の保護)、酸素マスク、救命ジャケット(救助されるまでの保命用品)、耐Gスーツ、ハーネス等が装備されている。

小松空港の歴史と役割

■小松空港の歴史と役割〔1階〕
小松空港の開港から現在までの就航したエアリナーを模型と写真で紹介している。
空港のジオラマで飛行場も紹介している。

航空管制の業務

■航空管制の業務〔1階〕
飛行機の安全な運航を確保する航空管制の業務を分かり易く解説している。

2階の展示場

2階の展示場②

■展示場〔2階〕
飛行機の仕組み、飛行の原理及び航空機の歴史等を、写真、パネル及び模型飛行機等で分かり易く解説してある。その他、小松海軍飛行場の資料の展示もあり。

玉虫型飛行器(復元模型)

■玉虫型飛行器(復元模型)〔2階〕
二宮忠八が、玉虫にヒントを得て1893年(明治26年)に製作した日本初の人力機の模型飛行機である。
展示の飛行機は、設計図に基づいて原寸復元したものである。

零式艦上戦闘機52型

■零式艦上戦闘機52型〔2階〕
日本が世界に誇る名機の零戦の模型である。
52型は、度重なる改造により、第二次世界大戦中盤以降の主役を務めた。
展示品は、3年余りの歳月を掛けて完成した精巧なものである。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ