スポンサードリンク

急増する航空プラザの入館者

航空プラザ外観
小松空港の信号「空港西口」近くに県立航空プラザがある。
航空プラザには、私の子供の頃、小松基地から良く飛んでいた懐かしのF104戦闘機なども展示している。

この航空プラザの入館者数が今年になって急増している。前年同期比でなんと5倍である。

飛ぶぅ~ん(飛行機型大型遊具)
その要因になっているのは、今年4月12日から一般開放されている「ぶーんぶんワールド」である。
これは、日本最大級の飛行機型の大型遊具(全長22m、幅20m、高さ6.5m)で、ロープ登り、滑り台、ペダルを踏むとプロペラが回る自転車漕ぎなどが組み合わされていてる。

館内に大型遊具設置されているので、天候に影響されることなく楽しめるが、ただ逆に天候の悪い時が混み易いようだ。航空プラザの駐車は、100台分しかないので、混みそうな日は避けた方が良いかも。
最近の人気で、駐車場が満車で来館者を受け入れられなかった日もあったようだ。

入館は無料なので、子供を連れて気軽に楽しめるのが魅了である。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ