スポンサードリンク

小松空港、国際線に活路

2014年の北陸新幹線金沢開業に伴い、小松空港のドル箱路線である羽田便の利用者が大幅に減少すると予想されている。
2010年度に石川県が「小松ー羽田便」利用者にアンケートを行ったところ、なんと小松空港利用者が半減する結果になっている。

その反面、国際線の利用者は増加しており、2011年度の国際定期便利用者数は、114,000人となり、前年比で見ると、5.6%増である。

こうした状況を踏まえ、石川県は今年の5月に「小松空港活性化委員会」を発足させるなどしていた。

中国東方航空の旅客機そんな中、中国東方航空では、「小松ー上海」便に関して、現在の週4便(日、月、木及び金曜日)から週1便(水曜日)を追加することになり、2012年10月から週5便体制となる。
一方、富山空港の「富山ー上海」便は、現在週2便(火及び土曜日)であり、今回の小松空港の増便により、北陸全体でみれば、上海間で1日1便体制が出来ることになる。

エバー航空の旅客機また、エバー航空の「小松ー台北」便に関しても、2012年9月1日以降、これまでの週4便から週5便(月、水、木、金及び日曜日)体制になる。

小松空港関係者は、国際路線の増便ラッシュにより新幹線開業後の小松空港利用者を確保するための活路になることを期待しているようだ。
ただ、小松空港の場合、羽田便利用者の割合が余りにも大きいので、新幹線開業後減少の羽田便利用者激減の穴埋めになるとは、私には到底思えない。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:空港

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ