スポンサードリンク

対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)

石川県航空プラザに展示してある対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)の斜め前方

対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)は、石川県航空プラザ(小松市)へ行けば、実機を見ることができる。

哨戒とは聞き慣れない言葉かもしれないが、敵の襲撃を警戒して、ヘリコプターなどの航空機や軍艦で見張りをすることである。
外観だけみると、哨戒機は、通常の輸送機とあまり変わらないように見えるが、次のような違いがある。
ゆっくりしたスピードでの長時間飛行や速い速度の飛行が求められ、また対象を攻撃するための武装も求められている。
日本など、海洋に面した国では、24時間体制で哨戒任務が行われている。
また、対潜哨戒機とは、対潜水艦戦を重視して装備・設計された航空機のことである。

石川県航空プラザに展示してある対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)の側面

石川県航空プラザに展示してある対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)のコックピット

石川県航空プラザに展示してある対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)の内部

対潜哨戒ヘリコプターHSS-2B(ちどり)は、シコルスキー社製(米国)の大型対潜ヘリコプターで、全天候飛行能力を持ち、海中にいる潜水艦の捜索と攻撃を続けて行うことができる。
主回転翼(メインローター)は全関節式の自動折りたたみ式なので、容易に艦船への収納が可能であり、尾部も折りたたむことが可能である。
水陸両用であり着水もできるように、胴体は艇体構造になっている。

【機体データ】
・主回転翼直径:18.9m
・胴体全長:17.4m
・胴体全幅:4.9m
・全高:5.2m
・自重:6,010㎏
・最大離陸重量:9,635㎏
・乗員:4名+2名
・最大速度:261km/h
・実用上昇限度:3,444m
・航続距離:983km
・エンジン:石川島播磨重工業 T58-IHI-10M2
・ホバリング限界(IGE)高度:2,500m

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ