スポンサードリンク

F35の価格が倍に!

F35戦闘機

日本の次期主力戦闘機となるステルス戦闘機F35Aの価格が、明らかになった。
防衛省は、2012年度予算には機体単価を米側の説明を元に、本体のみで約89億円とし、それにスペア部品などを加えると約99億円と見ていた。

しかし、米国国防省が米議会に報告した内容によると、日本が配備予定になっている42機分の総額を100億ドル(約8,000億円)になるとのこと。
つまり、1機当たりは、8,000億円÷42機=約190億円となり、日本の見積りの約2倍となる。

これに関して、田中直紀防衛相は納期の遅れや価格高騰すれば契約の中止もあることを示した。

F35は、度重なる開発遅れにより、大幅価格上昇が懸念されていたが、これほど開きがあるとは...

F35戦闘機 AIR SHOW

※エンジンのノズルを下方に折り曲げて、垂直離着陸(VTOL:Vertical Take-Off and Landing:ブイトール:ヴィトール)を行えるのはF35B型であり、日本が採用しようしているF35A型は垂直離着陸不可。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ