スポンサードリンク

F-15Jと装備品 | 小松基地航空祭(2012)

F-15Jイーグルの展示風景

小松空港と滑走路を共有している航空自衛隊小松基地で、先日航空祭(2012)が行われ、F-15Jイーグルとその装備品が展示してあった。
小松市に住んでいる私にとって、飛行しているF-15Jイーグルを見るのは日常茶飯事であるが、間近で見ることは初めてで迫力があった。

以下のように、コックピットや装備品などが見ることができた。

F-15Jイーグルの前方

F-15Jイーグルの後方

F-15Jイーグルのコックピット

F100-IHI-220E(F15J航空機用エンジン)

■F100-IHI-220E(F15J航空機用エンジン)
・形式:ターボファンエンジン
・推力:約12万馬力
・全長:528cm
・直径:118cm
・重量:1,500kg
・参考:F-15Jは2基のエンジンを搭載しているので、約24万馬力である。日本史上最大の戦艦「大和」は約15万馬力なので、大和の1.6倍のパワーを出力できる。

500LB爆弾(空対地普通爆弾)

■500LB爆弾(空対地普通爆弾)
・概要:米国で開発された対地攻撃に使用する爆弾である。
・全長:2.293m
・直径:27.3cm
・重量:225kg

AAM-3(空対空短射程ミサイル)

■AAM-3(空対空短射程ミサイル)
・概要:国産の赤外線誘導ミサイルであり、主に近接戦闘に於いて敵機を要撃する。
・全長:3.019m
・直径:12.7cm
・重量:90.7kg

AAM-4(空対空中射程ミサイル)

■AAM-4(空対空中射程ミサイル)
・概要:国産のアクティブレーダー誘導ミサイルであり、多目標同時対処能力等を有している。
・全長:3.667m
・直径:20.3cm
・重量:222kg

AAM-5(空対空短射程ミサイル)

■AAM-5(空対空短射程ミサイル)
・概要:国産の赤外線誘導ミサイルであり、主に近接戦闘に於いて敵機を要撃する。
・全長:3.105m
・直径:13cm
・重量:95.0kg

AIM-7M(空対空中射程ミサイル)

■AIM-7M(空対空中射程ミサイル)
・概要:米国で開発されたレーダー誘導ミサイルであり、主に中距離戦闘に於いて敵機を要撃する。
・全長:3.66m
・直径:20.3cm
・重量:231kg

AIM-9L(空対空短射程ミサイル)

■AIM-9L(空対空短射程ミサイル)
・概要:米国で開発された赤外線誘導ミサイルであり、主に近接戦闘に於いて敵機を要撃する。
・全長:2.87m
・直径:12.7cm
・重量:87kg

GAS(機関砲装置)

■GAS(機関砲装置)
・概要:油圧で作動し、1分間に4,000発又は6,000発の発射が可能である。
・搭載弾薬:20mm弾
・搭載弾数:約940発
・適用機種:F-15

20mm弾(戦闘機搭載用砲弾)

■20mm弾(戦闘機搭載用砲弾)
・概要:米国で開発された機関砲弾であり、多機種の戦闘機に使用されている。
・全長:16.8cm
・直径:2.0cm
・重量:280g

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ