スポンサードリンク

小松空港での買物で駐車料割引

北陸新幹線開業により、小松空港に於ける小松ー羽田便の利用者が激減している。予想はされていたものの昨年の同じ記事に比べ、半減している。
これまでも小松空港敷地内の駐車場では、新幹線対策として今年の3月から値下げをし、空港整備環境協会が管理する17空港の中で最低の駐車料になっていたが、今回更に駐車料の割引券の運用を始めた(本日の12月28日から開始で、運用期間は現時点では定めていないもよう)。

具体的な内容は次のとおり。
ターミナルビルにある店舗(全ての店舗が対象)で、3,000円以上の買物や飲食を行った場合に、小松空港敷地内にある第1~第3駐車場の駐車券を提示すれば300円分の割引券を受け取ることができる。
注意点として、3,000円以上とはあくまで同一店舗内の買物等の代金であり、複数の店舗の買物等の合計が3,000円以上であっても割引券の対象にならない。また、割引券の有効期限は半年である。

ただ、小松ー羽田便利用者の激減の大きな要因は、金沢方面のビジネスマンの利用激減とみている。だとすると、ビジネスマンがターミナルビル内で3,000円以上の買物等をする人は殆どいないと思われ、新幹線対策としては余り効果が見込めないのではと感じる。

なお、小松空港第1~第3駐車場については、コチラを参照されたし。

タグ

2015年12月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:駐車場

このページの先頭へ