スポンサードリンク

小松空港の新幹線対策

小松空港上空からの写真

北陸新幹線の3月14日金沢開業により、小松空港利用者が新幹線に大幅に流れることが予想される。ドル箱の小松ー羽田便利用者の半数が金沢市の客であり、金沢市の客が新幹線に流れるのは避けれなく、県の調査では新幹線開業後の小松ー羽田便の利用者が半減すると見ている。

そのため、次の新幹線対策が打ち出され、利用者の減少に歯止めを掛けようとしている。

・小松空港駐車場料金の値下げ
小松空港駐車場の料金値下げ

小松空港敷地内の駐車場は3箇所あり、全ての駐車場に於いて1日の駐車料金が3月1日から値下げになる。第2駐車場は1日800円から500円に、第1と第3駐車場は1日600円から400円となる。
空港整備環境協会が管理する17空港の駐車料金は、福岡空港が最も高く1日2400円で、羽田空呼応の1日1500円となり、小松空港の第2駐車場の現行価格1日800円が最も多く採用され、最も安い空港が大分の1日500円である。今回の小松空港駐車場の値下げににより、最低の駐車料金となる。
なお、これらの駐車場は入場から30分間は無料で、1時間毎に150円アップしているが、この仕組みは現行どおりである。また、第2駐車場は大型車や二輪車が駐車できるが、これらも値下げの対象で、大型車は1日4,000円から2,500円に、二輪車は1日400円から250円となる。
詳細は、小松空港敷地内駐車場を参照されたし。
なお、今回の値下げは、試行的な実施であり、空港環境強整備協会の小松事務所に確認したところ、取り敢えず1年間はこの値下げ料金で遣ってみるとのこと。北陸新幹線の影響等を見ながら判断しようとしているのだろう。

・乗り継ぎ割引の向上
小松ー羽田便を使って地方の空港に乗り継ぐ場合、2区間の各々の通常価格の合計より割安になり、これを「乗り継ぎ割引制度」と言う。
この制度も新幹線対策により、適用路線を増やし39区画となり、全国で見ても小松空港が最も多く、割引率も北陸が特に高く設定せれているようだ。割引率は概ね70%台であり、釧路が最も高く80%となる。札幌便については、直行便が19,100円に対し、乗り継ぎを利用すると、全日空が15,700円、日航が17,100円となり、直行便より安くなる。

・5,000円の助成
首都圏などの旅行会社が販売するパック旅行で、小松・能登ー羽田便の利用を組み込んだ商品が1人5,000円値下げされる。羽田便往復利用だけでなく、新幹線と航空路線を片道づつ使った場合も適用されるようだ。

タグ

2015年2月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:空港

このページの先頭へ