スポンサードリンク

小松空港の国際線利用傾向

小松空港国際線に於いて、利用者の傾向が鮮明になっている。
今年の4月から6月の利用者を昨年同期に比べると、台北便が4割増加で絶好調な一方で、ソウルや上海便が共に1割以上減少している。

台北便の利用者数は、約31,000人で、昨年同期に比べ約10,000人増加し、好調を維持し続けている。

ソウル便の利用者は、約8,000人で、昨年同期に比べ約1,300人減り、13.7%減少したことになる。2012年8月に李明博(イ・ミョンバク)前大統領が竹島の上陸し、それ以降の国際情勢を見れば減少は避けられないと考えるが、4月の旅客船セウォル号の悲惨な沈没事故により、韓国の旅行自粛ムードや日本からも観光を控えていることも要因にあるようだ。
昨年度の年間利用者数を見ても、10年ぶりに40,000人を切り、昨年に比べ20%減少である。

上海便の利用者は、約6,500人で、昨年同期に比べ10.4%減少した。2012年9月の尖閣諸島国有化以降一層冷え込んだ日中関係は、いまだ建設的な展開もなく、減少は当然の結果と考える。上海便は変動が少ないビジネス者が下支えしているものの、それでも減少に歯止めが掛からない状態だ。

タグ

2014年7月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:空港

このページの先頭へ