スポンサードリンク

また墜落したオスプレイ

オスプレイ3機

今年秋までに沖縄県の米軍普天間基地に配備される予定のアメリカ軍最新型輸送機「オスプレイ」が、現地時間の6月13日にフロリダ州の空軍基地で、訓練中に墜落した。

オスプレイには、空軍仕様の「CV-22」と海兵隊仕様の「MV-22」がある。今回墜落したのは空軍仕様の「CV22」であり、沖縄配備予定は海兵隊仕様の「MV-22」である。

オスプレイは2009年時点で技術的問題はほぼ解決しているとされているが、試作段階から事故が多く、「Widow Maker」(未亡人製造機)とも呼ばれたこともあった輸送機で、今年4月にも海兵隊仕様のMV-22オスプレイがモロッコで墜落し兵士2人が死亡している。
また、オスプレイは、海兵隊要人輸送ヘリコプター(VH-3)の老朽化に伴い、次期海兵隊要人輸送ヘリコプター後継機として、候補にもなったが、試験・実験段階での相次ぐ事故により、安全性の問題から候補から除外されている。

今回の事故を聞いて、私はまた墜落したかと言う印象が強く、安全性が確保されているとは思えない。普天間基地への配備に先立ち、山口県の米軍岩国基地で、機体の安全性の確認作業を行うことになっているようだが、例え安全性が確認されたと言うことになったとしても、この未亡人製造機を街のど真ん中にある普天間基地に配備することは、危険過ぎると思う。

なお、オスプレイの開発経緯等は次のとおり。

猛禽類「ミサゴ」
オスプレイ(V-22)は、米国のベル・ヘリコプター社とボーイング・バートル(現ボーイング・ロータークラフト・システムズ)社が共同で開発した垂直離着陸できる軍用の輸送機である。オスプレイ(Osprey)は、「V-22」の愛称であり、タカに似た猛禽類の「ミサゴ」を意味する。

米軍は第二次世界大戦直後から、ヘリコプターと通常の固定翼機の両メリットを兼ね備えた航空機を求めていた。

両者のメリットとデメリットは、次のとおりである。
ヘリコプターのメリット:垂直離着陸・ホバリング(空中停止)・超低空での地形追従飛行が可能。
ヘリコプターのデメリット:航続距離が短い。速度が遅い。
通常の固定翼機のメリット:航続距離が長い。速度が速い。
通常の固定翼機のデメリット:離着陸のための長い滑走路が必須。垂直離着陸・ホバリング・超低空での地形追従飛行が不可。

ヘリコプターのメリットである垂直離着陸・ホバリング・超低空での地形追従飛行が可能で、かつ通常の固定翼機のメリットである航続距離が長く、速度が速い航空機は、戦略上とても有用であることから、オスプレイが開発された。

オスプレイの最高速度は時速555kmを超え、高速ヘリコプターの1.5倍である。また、航続距離は空中給油などを併用すれば、最大で3,700km以上となる。

衝撃映像(Osprey Crash)

タグ

2012年6月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

F-15Jイーグル

F-15Jイーグル

F-15(愛称:イーグル)は、米空軍などで運用されていたF4(愛称:ファントム)の後継機であり、米空軍の主力戦闘機として、マクダネルダグラス社(現在のボーイング社)が開発した。

このF-15戦闘機を、三菱重工業が中心となり航空自衛隊用にライセンス生産した戦闘機が、F-15Jである。
航空自衛隊には、1981年から配備されている。1999年までにF-15J(単座型:1人乗)が165機、F-15DJ(複座型:2人乗)が48機製造され、合計213機である。

F-15イーグル

現在は、千歳、小松、百里、築城及び那覇に配備されている。導入してから30年以上も経っているが、退いた機体もなく、今も日本の主力戦闘機として働いている。
次期主力戦闘機の予定であるF-35Aの開発が遅延している現状を考えると、F-15Jが日本の主力戦闘機から退くのはまだまだ先の話である。

F-15イーグル

小松基地では、昨年(2011年10月7日)に日本海上空で模擬空中戦を終えたF-15が着陸1分前に、航続距離を延ばすための燃料タンク(全長6・6メートル、直径80センチ、重さ155・6キロ)1本を落下してしまう事故が起きている。
幸いタンクには燃料が入っていなかったこともあり、浄化センターの柵を破損(賠償金額は約10万円)しただけで、大事に至らなかった。

これにより、昨年は小松基地の航空祭が中止になったが、小松基地に着いて初めて航空祭が中止になったことを知った人も結構いたようだ。
今年の小松基地航空祭は、9月23日(日)に予定されているので、是非見に行きたいと思っている。

F-15Jイーグル

タグ

2012年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空機

こまつの杜のお勧め駐車場

こまつの杜」へ自家用車で行く場合、駐車はどうすれば良いのか、あるいはどの駐車場の料金が安いのかと悩んでしまうと思う。

「こまつの杜」は小松駅東口前にあるから、駅前の市営駐車場に駐車するのが手っ取り早い。

最も近い市営駐車場は、「小松駅東ロータリー駐車場」であり、「こまつの杜」正門まで、約100mである。駐車30分以内は無料で、以後30分毎に100円の追加料金となる。
30分以内しか駐車しないのであればお勧めであるが、「こまつの杜」を慌しく回りたくない人にはお勧めできない。この駐車場は他の市営駐車場に比べて、30分毎の追加料金が2倍となるため、1時間を越える駐車では高く付く。また、この駐車場は1日の上限料金がないので利用する場合は注意が必要である。

次に近い市営駐車場は、「小松駅東駐車場」であり、「こまつの杜」正門まで、約150mである。駐車1時間以内は100円で、以後30分毎に50円の追加料金となる。なお、1日の上限料金が定められていて、1,000円である。

その他の市営駐車場として、「小松駅西口駐車場」と「小松駅前立体駐車場」があり、料金体系は「小松駅東駐車場」と同じとなる。

無料の「こまつの杜専用駐車場」

でも、私の一番お勧めの駐車場はこれらの市営駐車場でなく、余り知られていないが「こまつの杜専用駐車場」である。駐車場料金は無料だから有難い(当駐車場の場所については、下地図参照)。

「こまつの杜」の西門

この無料駐車場から「こまつの杜」へ向かうには、次の道順になる。
まず無料駐車場の西側の南北に走るJR高架下を通り抜ける。そうすると、高架橋に沿って走る道路に出る。
後は、この道路で小松駅に向かい、小松駅高架下の「小松うどん道場 つるっと」の横から高架下を通り抜けると「こまつの杜」の西門に出る。
なお、通常の出入口の正門より、この西門から「こまつの杜」に入ったほうが近く、道程で約440mとなる。

無料駐車場を利用すると多少歩く必要があるが、折角「こまつの杜」へ行くのだから、駐車料金を気にせず、のんびり回りたいものである。
なお、この無料駐車場の利用可能時間は、午前8時30分~午後5時30分である。午後5時30分を過ぎると、出車できなくなり、翌朝にならないと出車できないので注意されたし。

【変更】こまつの杜専用駐車場からの入場が便利になりました!
詳しくは、コチラを参照されたし。

タグ

2012年6月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:駐車場

LCC vs FSA

価格の安いLCC(Low Cost Carrier:格安航空会社)と手厚いサービスのFSA(Full Service Airline)を比較してみる。
あなたは、どちらを選びますか?

LCC FSA
航空機材 中規模の機材を採用。理由は、燃費が良く、殆どの空港で就航可なので。
機種は1種類が多し。エアバスA320かボーキング737の採用が殆ど。
以外だが、殆どが新機材を導入。理由は、燃費が良く、故障も少ないので。
運行路線に応じて、大型機から小型機まで採用。
LCCでは無理な長い路線は、FSAの独壇場。
インフラ ・一言でいえば簡素
・専用ターミナルがある場合は、外観が大きなプレハブで、中は倉庫のようなイメージ。
・飛行機まで徒歩。
・一言でいえば高級
・豪華なラウンジ、レストランや免税店有。
座席 ・座席の間隔は狭い。乗客を一人でも多くのせて、利益を上げるため。また、飛行距離も長くないので、狭くても我慢できるだろうと言う考えもあるようだ。
・座席が自由席の場合もあり。座席指定は追加料金が必要な場合もあり。
・座席の間隔は狭くない。
・座席指定可、マイラインの加算有。
客室乗務員 ・ラフなユニホーム。機内掃除など、一人何役もこなす。 ・ユニホームも髪型もきちんとしている。
機内食 ・機内食は有料。基本は、必要なお客さんには有料でサービスを提供すると言う考え。 ・機内食は基本的には無料。

値段重視で考えるか、付加価値のサービスを求めるかは、お客さん次第であるが、私は日本でLCCの事故が発生するまで値段重視である。

全日空、高級路線でLCCに対抗

タグ

2012年6月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:航空会社

このページの先頭へ